Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog
国際水中映像祭へ

国際水中映像祭へ

パリのオルリー空港からマルセイユへ発ちました。 空の上から 雲の上から 奥の峰はアルプス山脈 地中海 マルセイユの駅の階段 最初のホテル いつか映画で使いたくなるような味のある古びたエレベーター 国際水中映像フェスティバルの会場から見えるマルセイユの旧港 宇宙で宇宙船の中でエイを飛ばした山本博士右と左かずさん。

Lire la suite

アール・ブリュット・ジャポネ

アール・ブリュット・ジャポネ

北岡様 テスト映像ごらんになられたら連絡お願いいたします。 interbay@free.fr 江口方康 ã�¢ã�¼ã�«ã�»ã��ã�ªã�¥ã��ã��ã�»ã�¸ã�£ã��ã�� envoyé par interbayfilms. - Découvrez plus de vidéos créatives.

Lire la suite

仏ストで警察に封鎖解除を命令、デモ隊と衝突

仏ストで警察に封鎖解除を命令、デモ隊と衝突

フランスで年金制度改革に反対して始まったストライキは2週目に突入した20日も続き、デモ隊と警官隊の衝突に発展している。 AFP通信は、パリやリヨンで車両放火や建物破壊などの被害が出たと伝えている。 1週間に及ぶストの影響はフランス全土に広がり、政府によれば19日までに国内のガソリンスタンドの3分の1以上でガソリンが底をついた。鉄道や航空便の運航にも支障が出ており、パリのシャルル・ド・ゴール空港に通じる道路は組合が封鎖している。 サルコジ大統領は20日の閣議で、燃料備蓄基地の封鎖解除を警察に命じたことを明らかにした。同日朝までに3カ所が再開されたが、衝突は起きていないという。...

Lire la suite

「アール・ブリュット」

「アール・ブリュット」

ずいぶん前に書きましたが、アール・ブリュット・ジャポネ展 http://www.art-brut.jp 日本で「アール・ブリュット」の作者と言えば、まず“裸の大将”山下清が思い浮かびますね。しかし、「他には?」となると名前が上がらない。それでは、山下清以後は「アール・ブリュット」が消えたのか?「否」である。知的障害者の施設、精神病院の病棟、社会の片隅に作者は存在しつづけてきました。自ら名乗り出ることがない彼らの作品は、「芸術」として評価されないまま、埋もれたり、捨てられたりしていたのです。 21世紀初頭からはじまった調査プロジェクトによって、国内の数多くの「アール・ブリュット」の作者の存在が明らかになりました。この新しく発見された日本の作者にいち早く注目したのが、ヨーロッパの美術関係者です。今パリで開催中のアール・ブリュット・ジャポネ展(出展作家63名/出展作品約1000点)に再び行って参りました。...

Lire la suite

デザイナー 中西恵美

デザイナー 中西恵美

エミちゃんの春夏最新デザインが購入できます。 よろしくです。 〜 Natural・Chic(ナチュラル・シック) 〜 ナチュラルな素材・色・そしてシックなシルエットにより、自然の気高さ、 優しさ、美しさ、そして喜びを表現しています。 着心地の良さ、シルエットの素晴らしさを是非感じてください。 お友達やご家族の方とご一緒に、またお一人様でも お気軽にお越しくださいませ。 デザイナー 中西恵美 (問合せ先)mail ; contact@eminakanishi.com tel ; 09011462856...

Lire la suite

日曜の午後

日曜の午後

はメビ ウ スのおじさんに展覧会オープンパーティの招待状を頂いていたのだが行けなかった。 非常に残念。今週どこかで行こ う と思います。あの、エイリアンの初期コンセプトおよびノストロモ号の 宇 宙服デザインやブレードランナーの主要キャラクターの衣装デザイナーとして参加しているんですからね。 彼が描く混沌とした未来社会のイメージは映画を経由して、多くのサブカルチャーに影響を与えたんですよ。私が特に興味を持ったのはあの鬼才アレハンドロ・ホドロフスキーの原作で連載された『謎の生命体アンカル』。作品と言...

Lire la suite

日曜の午前中

日曜の午前中

は我が家から自転車で2分の所にあるセーヌ川沿いを色んなペニッシュ(船の家)を眺めながら、セーブルまで散歩した。 フランス車シトロエンの工場跡地。これから開発が始まります。 孫と一緒にセーヌ川散歩で一休みのおじいさん。 セーブルセラミック美術館に行ってきました。 下はイタリアのファエンツァ焼(FAENZA)これは1520年代のもので 琴犬久しぶりの登場 ラファエロの絵を焼き物にしたコピーもあります。 1730年作品の立派な柿右衛門などもありますよ。 もちろんあの楽焼きの赤楽もありました。18世紀のものです。...

Lire la suite

週末

週末

ちょっと前に書いたアメリカ人のトレーシーのお母さんの友人であるアリスお祖母さんとその孫シャナンちゃんたちと我が家のメンバーでクーポールに行ってきました。 土曜日は『パリの小さなベルト』という名前の所に行ってきました。 帰り道にいつも気になっていた金網の向こう。 普通は入っては行けない所で、見つかったら100ユーロ以上の罰金だそうです。 上では普通にパリジャンが住んでいます。 1周30キロでパリを囲む車のための環状線ペリフェリック。 その内側を通っている線路。今は廃線となっており誰も入れません。 ここには誰かすんでいるようですね。留守なのかな?...

Lire la suite

一人で昼飯

一人で昼飯

急にキノコのスパゲッティが食べたくなった。 そう言う事もある。 さっそく近くのモノプリ(パリのスーパー)に行き、何種類かのキノコを買ってくる。 ちゃこさんのお弁当シリーズに憧れて、わたしもたまには載せてみようと思います。 さて、今日の一人昼食はフレンチキノコとベーコンスパゲッティです。 これが材料。 一番左はセップ(ポルチーノ?)パセリの上はピエドムートンパセリの右は確かシャントレル バターはやっぱりブルターニュのデュミセル。 キノコとニンニク、ベーコンで4.39ユーロ(500円) バゲット半分で45サンチーム(55円)...

Lire la suite

1 2 > >>