ご縁玉 プロジェクト準備第二弾

Publié le par workshop45

間が空きましたが、『ご縁玉プロジェクト』準備帰国第二弾の報告です。

佐賀県の続きです。 

12月29日佐賀 ライフサポート あさひにて
 IMG_0447.JPG 


演奏の後にご縁玉を配るエリックマリア
IMG_0457.JPG


佐賀ではたくさんお世話になった森山さん。すばらしいオーガニゼーションでした。感謝感謝の気持ちでいっぱいです。
エリックマリアといつも森山さんの話をしていますよ。くしゃみが出ても風邪ではありませんからご安心を。
IMG_0466.JPG

佐賀から大分へ移動
大分駅にカズが迎えにきてくれてシネマ5に直行。
劇場は入りきれないほどになっていて、立ち見の人たちでいっぱいでした。
誰かそのときの写真をください。

上映の後でエリックマリアの演奏がありましたが、君を乗せてを演奏したときにみんなで一緒に歌いました。
涙ポロポロ。途中で歌えなくなりました。

その夜は湯布院に泊まり。

12月30日は馬車で湯布院観光。
IMG_0467.JPG

その日の夜は豊後高田のカフェ・ブラジルでコンサートでした。
これまた、大入りで、懐かしい人や偶然聴きにきた人や楽しい夜でした。

12月31日は山ちゃんのお墓参りに行きました。
IMG_0470.JPG

午後はヨゼフ寮に行きました。雪のために地面が濡れていたので、野球大会はなし。
みんなで、演奏会楽しみました。
IMG_0491.JPG

みんなで記念写真
IMG_0490.JPG

そして、記憶をなくしてしまった31日の夜。
山ちゃんの家に泊まっていたエリックマリアと私は近場の神社に除夜の鐘を聴きに粉雪の降る夜中
真ちゃんとカズをお供に行ってきました。が、近所の消防団のおやじさんたちからいただいたおみきが
やたらとおいしくて、ついつい飲み過ぎてしまいました。
竹を使ったとっくりに熱燗のおみき。
寒さに耐えられず消防団の人たちは中に。
IMG_0497.JPG

われわれはこんな感じで朝まで飲みつづけました。
IMG_0501.JPG

IMG_0512.JPG

famille-0516.JPG

訳の分からないほど呑んで、ドラム缶の火を消したところまでは覚えているけどどうやって山ちゃん家に帰ったのか誰も覚えていませんでした。
翌朝私は帰ってきたまんまの格好でベットで目覚めました。帰宅はどうも朝の4時半起きたのは9時半。

1月1日は真ちゃんと一緒に近場の温泉に二人で行ってきました。気持ちよかった。

その日の昼過ぎには京都へ移動。
真如堂の裏門入学。上野智男さんの家に到着。
famille-0529.JPG

翌日1月2日は 「湧泉寺」での上映と演奏会
famille-0541.JPG 

大入り満員。山ちゃんや北本や上野さんたちみんなみんなありがとう。
本当におつかれさまでした。あなたたちがいなければこんなアットホームな感じにはなりませんでした。
帰って行く人々の笑顔が印象的でした。

famille 0542 


1月3日(日) は関西国際空港からエリックマリアはパリへ発ち
私はお江戸へ到着。
歌舞伎町の新しい私のお宿:単身赴任の上野ちゃんのアパートです。
この景色は夜になると連れ込みホテルのネオンがきらめきます。
famille-0548.JPG 

1月4日は東京で佐賀の森山さんが是非とも会わせたいという人物と共に夕食会が行われました。
写真右手奥の男性は昨年2009年度グッドデザイン大賞を受賞した建築家の西村浩さんです。
実は西村さんは佐賀の出身で、森山さんが会わせたい人と言うのが彼だったのです。
知っている人は知っている某新聞社の記者Uさんご夫妻の姿も交えて、
かなり盛り上がりました。
famille-0551.JPG

今回の帰国で本当にお世話になった森山さんと共に。
今年の夏が楽しみです。
森山さんおつかれさまでした。
famille-0552.JPG

おまけ
1月6日に帰国して翌日7日はトシさんの送別会を事務所でしました。
そのときのメンバーです。かなり面白い人がいました。
最近よく来てもらっている撮監の鉄さんや帽子のノブちゃんや初めて会ったオペラの演出家釣恵都子さん。
えっちゃん。でした。トシさんは半端な寒さではないポーランドへピーターたちと芝居のために行ってしまいました。
これから世界中を回って行くことになる「11&12」がんばってください。
famille-0578.JPG

Commenter cet article