かぐや姫

Publié le par workshop45

久しぶりにオペラバスティーユに行ってきた。

ゆかさんからの招待でKAGUYAHIMEのゲネを観ることができました。

始まる前の舞台。こんなに高い所から観ました。

振り付けは最高でした。すごくよかったです。

正面から見てみた行きもしますが。おもしろかったです。

 

Kaguya1.jpg

 

081114jiri-kylian 6

Photo: Joris Jan Bos

 

イルジー・キリアーン英語:Jiri Kylian,チェコ語:Jiří Kylián, 1947年 - )はチェコ出身のバレエ振付家

1947年プラハに生まれる。1967年英国ロイヤル・バレエ学校に入学。1968年ソリストとしてシュツットガルト・バレエに所属。ジョン・クランコに師事しながら振付を開始する。 1975年にネザーランド・ダンス・シアター(NDT)に副芸術監督に、1978年には芸術監督に就任。以来50作以上の作品をNDTのために創作し、同カンパニーを世界的バレエカンパニーへと押し上げ名声を得る。 1999年8月に芸術監督の座を退いたが、いまもNDTの牽引者として多くの作品を振付け続けている。 2000年より彩の国さいたま芸術劇場における「彩の国キリアン・プロジェクト」の芸術監督に就任。 2006年、2007年と、ローザンヌ国際バレエコンクールにおけるコンテンポラリーバリエーションの課題はキリアン振付作品のなかから選ばれた。

 

Jiří Kylián revisite pour le Ballet de l’Opéra une de ses oeuvres d’une singulière beauté. Kaguyahime entremêle musique traditionnelle japonaise et occidentale pour dévoiler un univers fantastique où s’expriment états d’âme et émotions.

 

Le chorégraphe tchèque Jiri Kylian était venu à Paris en 1991 avec Kaguyahime qui veut dire "princesse de lumière", un ballet créé il y a 22 ans par le Nederlands Dans Theater, inspiré d’un conte folklorique japonais ancestral
Dans un décor asbtrait sculpté par les lumières, cet hymne dansé d’une suave beauté, est l’une des créations essentielles de ce grand chorégraphe. Elle entre aujourd’hui au répertoire du ballet de l’Opéra de Paris. 
Loin de toute japoniaiserie, dans une gestuelle où la puissance le dispute à la fragilité, Kaguyahime raconte l’histoire pleine de sagesse et de poésie d’une princesse descendue de la lune pour apporter aux hommes amour et paix. Avec la musique impressionnante du compositeur Maki Ishii et des ensembles et des percussionnistes japonais qui ont enflammé le public de l’Opéra Bastille.

Commenter cet article