朝日新聞の上野創さんの連載が開始しました。

Publié le par workshop45

日本にいる方はみんな新聞買って読んでください。
はじめさんおつかれさまです!

Hajime.jpg
   左は上野智男さん。  右は上野創さん。

間違えないよに。

非常に違います。殆ど違います。まったく違います。

でも心意気は同じです。

こんな二人が集っちゃうような『ご縁玉・プロジェクト』です。

おっ上野智男さんの左横には今ちゃんと真美さんが。

 

「ご縁玉プロジェクト」の皆様。 

気温も催しでもアツイ夏が終わり、涼しくなってきました。

この夏、「ご縁玉プロジェクト」と本だてで取り組んできた連載がスタートしました。

山ちゃんも取り上げましたと言いたいところですが、実は、尊敬する先輩記者が既に

書いていたので、今回は出てきません。

http://www.asahi.com/jinmyakuki/TKY200711290215.html

でも、山ちゃんゆかりの人たちは登場します中盤あたりので、ぜひ、読んでほしいです。

  

このカ月、プロジェクトとこの連載のためにすべて使った気がします。

出会った映画が素晴らしかったので上映会で伝えたかったといのと同様、

出会った人々が素晴らしかったので連載で伝えたかったとい気持ち、ここの皆さんなら

分かってくださるかなと思いました。

  

いつも、縦書きで読んでいただくことを前提として、原稿を書いているので、本当は紙面で

読んでいただきたいのですが、横書きでもいいので読んでほしいなと思いなおしました。

知人に送ったメールを添付しますので、どぞ、よろしくお願いします。

 

 

@@@

皆様。

ご無沙汰しています。

 

カ月、準備した連載が、昨日(10にスタートしましたのでお知らせします。

「ニッポン人脈記」とい欄で、「がん その先へ」といタイトルです。

東京周辺では、夕刊面、平日のみの掲載なので、金曜日に回目、月曜から回目とい具合に

なります。

朝刊の地域では、今朝朝刊から回目、火曜朝刊で回目になる予定です。

全部で13回です。たぶん

 

初回は、脱毛の話を取り上げました。

でも、みんな「夏目雅子さんの話だ」と思っているはずです

本当はお母様の話を書いたのですが、写真のインパクトがあまりに強いので、そっちに引っ張られて

おります。以下のURL、カラーで見られます。

http://www.asahi.com/jinmyakuki/

ご覧になって分かるよに、通常、この欄は、回目だけをネットで読めるよにしています。

 

でも、今回はいろいろ画策しまして、全ての原稿をネットで読めるよにします。

そのために、私がブログを書くことになりました。本文で書ききれないこと、取材のこぼれ話などを

ブログで書いていくつもりです。

http://www.asahi.com/health/jinmyakuki/

 

お願いがあります。

この欄は、なかなか見つけられないよな、サイトの奥の奥にあります。

お知り合いに、知らせていただけたら嬉しいです。

また、読んでいただいた感想などを書いて頂けるとなおさらありがたいです。

検察幹部逮捕とい空前のニュースのなかで、また、ねじれ国会が始まって政治・政局ネタが

増えていくなかで、こ連載は埋もれて行きます。

反響が大きいと、会社側が、「こテーマも大事なんだなあ」と気づくといことです。

これはとても重要なことです。

 

ぜひ、あちこちに知らせて、反響も送っていただけるとありがたいです。

送り先、jinmyaku@asahi.com 

ブログへの投稿でも良いのですが、登録が必要なので面倒かもしれません。

 

今回の取材は、休みを返上して取り組んできました。

今も目の端にヘルペスができておりますが、長時間労働や真夏の連続出張や知恵熱(?)で、

体力的には相当に消耗しました。でも、精神的にはとても充実しており、こ仕事を人で

担当できることに感謝の気持ちがわきます。

休めないといよりは、休んでいるのがもったいないよな気分でした。

といのは、お会いした方々が皆さん、生きることの本質に触れるよな言葉をポロリとおっしゃるので、話をかがっていて、心が震えるよな思いの連続だったからです。

多忙ななかで敢えてブログをするのも、こやって宣伝めいたっとおしいメールを書いているのも、

多くの人に読んでいただきたい、とい気持ちからです。

その思いの根元には、私が聴かせていただいた言葉、出来事、生き方、経緯などを、埋もれさせ

たくないとの感情があります。

 

長々と書いて失礼しました。

 

まだあと12本の原稿を載せていかないといけません。

気を抜かずに、でも楽しんで完走したいと思います。

 

 

@@@@@@@@@@ 

朝日新聞東京本社 

社会グループ 

  上野創はじめ

Commenter cet article