Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog
vol. 8 京都 約105名

vol. 8 京都 約105名

最終はやっぱり京都です。 京都の暑さは他よりも特別に暑いような気がする。タクシーを使い真如堂の裏門にある上野邸にたどり着く。上野さんの奥さんであるめぐみさんと息子の多呂伊、そしてじゅんみさん(めぐみさんの友人)が玄関で待っていてくれた。めぐみさんは以前よりも若返ったような気がする。多呂伊は大きくなっていた。この夏、遭難しかけたという上野一家の家族の絆に何か新たな歴史が刻まれたようだ。もうすぐ五年目に入ろうとする上の邸。私もいつかこのような家に住みたい。と思わせるような作りの家だ。主人である上野智男が東京転勤のため不在なので今までにない静けさが我々を迎えてくれる。...

Lire la suite

vol, 7 水俣 約100名 2カ所

vol, 7 水俣 約100名 2カ所

水俣は前回、湯布院にいる平野さん(左上段)からすでに話しはあり、第二回は是非ともと言う事でお邪魔させて頂きました。エリックマリアの右側は加藤サン。一番右は真ちゃんです。 私、出身が佐賀なので幼少の頃から水俣病に関してお話は聞いてました。 しかし実際に水俣へ行った事が無く、水俣病に関しては殆ど無知の状態で、今回の水俣上映では色々な事を学ばせて頂きました。胎児性(小児性)水俣病患者、胎盤内に水銀が忍び込む話しなどです。水俣病が世界中で認められていたというのに、アメリカはベトナム戦争で枯れ葉剤を使用した話しなど、本当にとんでもない事が行われていたものです。...

Lire la suite

vol, 6 福岡 約200名

福岡では大西の幸ちゃんに迎えにきてもらい、まずはカツ丼を食べれたのが嬉しかった。恒藤さんの協力の中、彼の地元仲間がいっぱい参加して頂きすばらしい会が出来上がり、大分からは真ちゃんがきてくれて、山ちゃんの話しを一杯してくれました。やはり身内の方の話しを聞ける事はめったになく。来場の皆様から温かい拍手がわき起こっていました。 ずいぶん前から恒藤さんがやりたがっていた彼の地元での「ご縁玉・プロジェクト」ですが、やっと夢が叶ったようで、良かったですね。我々も皆様の温かい気持ちが十二分に伝わってきましたよ。とっても良い感じで終わりましたね。これからもどうかよろしくお願いいたします。...

Lire la suite

vol, 5 佐賀 約600名 3カ所

vol, 5 佐賀 約600名 3カ所

佐賀では第一回でお世話になった森山さんに再びお世話になりました。そして今回ずっと一緒だった武富公二さんありがとうございます。 まずは佐賀に着いていきなり成頴中学校でのトークと演奏。 この模様はこのサイトで見てください。 http://seieijh.web.fc2.com/index/h22concert.html 校長先生の森永さんや副校長の野口サンには大変良くして頂きました。こんな素敵な先生たちに囲まれた生徒たちは本当に幸せだと想います。分かってくれる先生たちという印象でした。終わってからは、たくさんの生徒たちがエリックマリアのサインを求めて廊下にあふれていました。なんか温かい雰囲気の学校でした。私的に特に佐賀で印象的だったのは私の母校である龍谷高校の校舎をお借りして行った翌日です。当時私が通っていた頃の担任だった平山先生が現在校長先生になられていて、『ご縁玉』もちゃんとシエマという佐賀の映画館で観て頂き。今回、母校での上映会に繋がったのでした。当日トークのときに平山校長が私との出会いなどを話された時、私は何とも言えない感情で胸がいっぱいになりました。普段はゆるゆるの私の話しも今回は少しかちかちの話しになり。いつもとは違う緊張をさせて頂きました。...

Lire la suite

vol 4 東京 月島 約250名

vol 4 東京 月島 約250名

東京では凄まじい人々がボランティアで手伝って頂き感謝のしようもありません。皆さんの苦労は 知らない方が良かったかもしれないほど壮絶でありながら、ほのぼのとしており、時には激しい嵐が吹き荒れるほどの時間を過ごしていたようで、一つの事を決めるのに1万個のメールが飛び交うと言う前代未聞のハッカー騒ぎのようでもあり、お祭り騒ぎのようでもあり、仕事のストレスをこの場で一気に発散させる場でもあり、なかなか有意義な企画であったのかしら? 私的に一番感動したのが、白いシャツを着た小柄で笑顔の素敵な 聴覚障害 の方の参加でした。...

Lire la suite

vol 3 茨城 2カ所 約250名

vol 3 茨城 2カ所 約250名

二番目 無二亦 寺 茨城では流しそうめん大会がなんと言っても印象的でした。10メートル以上ある一本の竹を半分に割ってやる流しそうめん。おいしかったなあ。 胸がいっぱいでたくさんは食べれなかったのが残念でした。お坊さんの格好はコスプレだと言う宇中さんのマイケルジャクソンと荒修行の話しが忘れられません。特にその時のめぐみさん(宇中さんの奥様)たちが温泉に行っていたという下りはいつ聞いても泣けてきます。 第一回『ご縁玉・プロジェクト』でお世話になった宇中さん夫婦。 近くの子供たちを呼んでの大流しそうめん大会。...

Lire la suite

vol 2 千葉 南房総 約100名

vol 2 千葉 南房総 約100名

一番目 千葉南房総 千葉のみなさまお元気ですか? のっけからすっごくおいしい炭焼きによる海の幸を堪能させて頂きとてもおいしかったです。『花の谷クリニック』の成り立ちや古民家の話し、伊藤さんの興味深いインドでの話しなど。楽しませて頂きました。 エリックマリアと成田空港まで迎えにきてくれた土本亜理子さん。 ありがとうございました。 上映日はぎらぎらと降り注ぐ太陽を浴びながら、パーキングから会場に行ったのが印象的でした。 ここが会場になった、とみうら元気倶楽部のさざなみホールです。 今回千葉で色々とお世話になった伊藤真美さん(花の谷クリニックの院長先生)...

Lire la suite

vol 1 第二回『ご縁玉・プロジェクト』雲の上

vol 1 第二回『ご縁玉・プロジェクト』雲の上

前後しますが、少しずつ今回の旅の思い出を語って行きます。 1万キロ。12時間の飛行の中。 ANAの747 400は成田に向かう。 またしても未確認飛行物体か? 第二回『ご縁玉・プロジェクト』の開始を祝うようにエリックマリアと私は搭乗前にブーブクリコのとサンテミリオン を買った。 こんな贅沢は我々にとって一年に一度の最高のご褒美みたいなもの。 チーズはカマンベールとシェーブル(羊)を一つずつ買っておく。シャンパンは冷えていなかったので、免税店の人に頼んでマカロン用においてあった冷却室を使わせてもらった。サンテミリオンのコルクはカフェの人にあらかじめ開けてもらっておく。前回コルクを開けてもらうのを忘れていたので、チールブッション(コルク開け)を探すのに大変苦労した。シートベルト解除の合図と共にシャンパンを取り出した。今回も、総てはそろったかのようだったが、やはりグラスは無い。再びスチワーデスにゴブレ(紙コップ)を二つばかり申し訳なさそうに頼む。何に使うのか?お祝いと称してブーブクリコで喉の渇きを癒すためだという我々への協力はおしまない彼女たちであった。ボナペティ「楽しい食事を召し上がれ」と言い残して去って行くスチワーデス。シェーブルのチーズとブーブクリコが最高に合う。...

Lire la suite

ご縁玉関係の事が載っているサイト

http://www.newsdigest.fr/newsfr/content/view/3958/83/ http://yamachan.biz/2009/12/ http://www.mrslim.co.jp/index.html 以下のサイトはご縁玉自体ではないが、ご縁玉を通して出会い「アソシエーションGOEN」のメンバーでもあるエミちゃんの記事が載ったサイトです。頑張れエミちゃん。でも本当にどうして物理学者のブノアの事がでているのか? http://www.asahi.com/fashi...

Lire la suite

東京チケット完売

東京チケット完売

ありがとうございます。 第二回 ご縁玉・プロジェクト 残念ながら東京月島のチケットもうありません。 8/26(木) 19:00 開始 場所: 月島社会教育会館「月島区民センター」 /*チケット完売 住所: 〒 104-0052 東京都中央区月島4丁目1−1 http://blog.goo.ne.jp/goendama_2010

Lire la suite

<< < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > >>