Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog
るねっさんす パリデビュー

るねっさんす パリデビュー

パリから愛を込めて あなたの懐めがけて そろそろデビューいきます。 食べる 寝る 怒る 泣く わめく 笑う 全てをそろえた完全無欠の るねっさんす 凄腕マネージャーのなおなお(副業:本当はとってもすごい写真家) パリ14区にあるうちの事務所の入り口で妙にはしゃぐ彼女を発見。 こんな素の彼女を撮影できるなんて。 本人の希望により写真は排除しました。 注意:彼女たちを知っている方々はきっとこのページは笑っていただけたことと思います。

Lire la suite

上野智男どん残念 あなた抜きで初日行ってきました。

上野智男どん残念 あなた抜きで初日行ってきました。

11月24日 ピーター・ブルックの『11&12』の初日に行ってきました。 前回の芝居とちょっと違うなと思ったのは夢の部分が代わったところでした。 前回は一階席で観たのですが、今回は二階席で、のぶちゃんと観ました。 二階席から舞台を見渡すノブちゃん。 この手の芝居はやっぱり一階から観た方がいいと私は思った。 舞台美術がシンプルなので、役者の背後にある何も無い空間が創造力を刺激する。 しかし、二階席から観ると観なくていいものさえもきちんと見えてしまう。 舞台上の床に敷かれた布が四角であることや役者の出入りが全てきちんと見える分。なんとも作業的に見えてしまった。...

Lire la suite

『11 & 12 』公開ゲネ と 山ちゃん早一年

『11 & 12 』公開ゲネ と 山ちゃん早一年

11月20日 とうとうブッフ・デュ・ノール劇場に行ってきました。 トシさんの招待でピーターブルックの最新作『11 & 12』 を観させてもらいました。 この作品は西アフリカ・マリの作家アマドゥ・ハンパテ・バーの著作『バンディアガラの賢者ティエルノ・ボガールの生涯と教え』を脚色したものです。 2004年に「ティエルノ・ボガール」としてフランス語で上演したが、今回は全てを一新した英語バージョンです。 演劇をやってそうな若い人たちがいっぱいで、席はあっという間に埋まった。 私の回りにいた人たちはイングリッシュ英語が多かった。...

Lire la suite

昨夜もトシさんとノブちゃんで

昨夜もトシさんとノブちゃんで

またマックの所でベトナム料理を食べた。 帰りに荷物を事務所に取りにきただけのはずが。 1時間近くまたまたトシさんから、色んな話を聴くことができた。 右トシさんとノブちゃん左。 会話の中に出てきた固有名詞を並べることにしよう。 いつも、かなり来ている夜です。 泉秀樹=sound cafe dzumi 営業時間が3月20日より変更しまして現在の営業時間は15:00~22:00です。 定休日:月曜 〒180-0005 武蔵野市御殿山1-2-3 キヨノビル7F(1Fがスリアというヨガグッズ屋さんです) サウンド・イメージ研究所...

Lire la suite

Marie NDiaye

Marie NDiaye

11月2日今年もまたゴンクール賞の受賞者が発表されました。 フランス で最も権威のある 文学賞 のひとつ。ゴンクール賞(Prix Goncourt)は、 1903年 発足しました。その年で エスプリ に満ちた独創的な 散文 による作品(主として 小説 )を書いた著者に贈られます。フランスの 作家 ・ エドモン・ド・ゴンクール の遺言により、弟の ジュール・ド・ゴンクール と共に築いた財産を元に設立された アカデミー・ゴンクール によって選定・贈呈されています。1903年より毎年アカデミー・ゴンクールの10人の会員によってパリ2区にあるミシュラン一つ星...

Lire la suite

ラジオご縁玉特別ゲスト 27/10

ラジオご縁玉特別ゲスト 27/10

ノブちゃんが特別ゲストで「ラジオご縁玉」に出てくれました。 今年4月から始まった「ラジオご縁玉」本当は10月までという事だったのですが、また6ヶ月続きそうです。 毎週火曜日の5時50分から3分ぐらい、佐賀県のNBCラジオから発信しています。 収録は国際電話で行われます。 NBCラジオからは進行役の弥永さん。 今回の録りの放送日が正確にいつか分からないけど。 こうやって電話に向かってしゃべります。 www.nobukihizume.com ノブちゃんのサイト見に行ってください。 収録後、事務所で私の手作りパスタ。ペペロンチーノ。添えてあるトマトがおいしかった。...

Lire la suite

エッフェル塔120歳

エッフェル塔120歳

10月24日 しかし、今年120周年を迎えるのはエッフェル塔だけではありません。 日本の帝国ホテルも、2009年11月3日より120周年目を迎えます。 諸外国の賓客を接遇する国の迎賓館として開業して120年。初代は明治期、ネオ・ルネッサンス風の建物に始まり、大正時代、フランク・ロイド・ライト設計のライト館、そして現在の本館・タワー館と、時代とともに、その姿を変えて、多くの客を迎えています。

Lire la suite

夏のバカンス

夏のバカンス

遅れましたが、今年のバカンスです。 17歳になる長女は多分これが家族みんなで一緒に過ごす最後のバカンスになるなんて思っていないでしょう。 来年からは友人たちと一緒のバカンス。「親なんて必要ないわ」ってなもんですよ。 カンヌの街を背景に まずは 南フランスはヴェルドンの渓谷 ニースのマセナ広場 「バカンス中借りっぱなしだったクルーザー」そんなわきゃ 「ちょっと小さすぎたな」ねーだろう モナコにて、心地よく焼け始めた江口ファミリー チューインガム風味のジェラート

Lire la suite

鍵を閉じ込めてしまった

鍵を閉じ込めてしまった

10月23日 ノブちゃんが鍵をアパートに閉じ込めてしまった事件 その1 鍵屋に行く 自転車は私の私物 オランダ製なのにサドルはなぜかプジョー。 その2 はじめの扉に周りに穴を開ける あんまり心配していない様子 あの手この手の鍵やの手口に興味を示すノブちゃん その3 二番目の扉がなかなか開かない ちょっと心配になってきたか その4 やっと開いて一安心 内心スッゲー喜んでいるノブちゃん この日の夜は20時からシテドラミュージックでエリックマリアがはいっているアンサンブルアンテルコンテンポランの演奏によるストラヴィンスキーとクセナキスを聴きにいった。エリックマリアの演奏を生で聴くのはノブちゃんが初めてパリに到着したときのパーティーで聴いた以来だ。...

Lire la suite

<< < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > >>