Top articles

  • Le film

    19 juillet 2008 ( #FILM )

    GOENDAMA - cinq yen - DE MASAYASU EGUCHI France, 2008, 72min, film documentaire Avec : Izumi Yamada, Eric-Maria Couturier Production : Inter Bay Films. Note d’intention : Le documentaire « GOENDAMA» suit les traces du paysage mental d’un musicien atypique,...

  • 山田泉 山ちゃん

    20 octobre 2009 ( #FRIENDS )

    ピアニストのシャニーと一緒の山ちゃんとカズ。 あやちゃんと山ちゃん 2007年9月サンジェルマン・デ・プレにて、上野智男参上。 彼が「ご縁玉」が映画になるきっかけを作った張本人。 彼とはもう15年来の知り合いで、今回のパリ訪問でぐーっと距離が短くなり、なんかただの知り合いとかではなく。 ソール・ブラザー的な何かを感じさせるおやじです。 エリック-マリアのアパートの入り口。まだ私は彼にあったことがなかった。 ここがエリックマリアのアパートの中 懐かしいな。ここからエイが『ご縁玉』の神髄である出会いが始まるのですね。...

  • 鍵を閉じ込めてしまった

    24 octobre 2009 ( #FRIENDS )

    10月23日 ノブちゃんが鍵をアパートに閉じ込めてしまった事件 その1 鍵屋に行く 自転車は私の私物 オランダ製なのにサドルはなぜかプジョー。 その2 はじめの扉に周りに穴を開ける あんまり心配していない様子 あの手この手の鍵やの手口に興味を示すノブちゃん その3 二番目の扉がなかなか開かない ちょっと心配になってきたか その4 やっと開いて一安心 内心スッゲー喜んでいるノブちゃん この日の夜は20時からシテドラミュージックでエリックマリアがはいっているアンサンブルアンテルコンテンポランの演奏によるストラヴィンスキーとクセナキスを聴きにいった。エリックマリアの演奏を生で聴くのはノブちゃんが初めてパリに到着したときのパーティーで聴いた以来だ。...

  • ラジオご縁玉特別ゲスト 27/10

    27 octobre 2009 ( #JOB )

    ノブちゃんが特別ゲストで「ラジオご縁玉」に出てくれました。 今年4月から始まった「ラジオご縁玉」本当は10月までという事だったのですが、また6ヶ月続きそうです。 毎週火曜日の5時50分から3分ぐらい、佐賀県のNBCラジオから発信しています。 収録は国際電話で行われます。 NBCラジオからは進行役の弥永さん。 今回の録りの放送日が正確にいつか分からないけど。 こうやって電話に向かってしゃべります。 www.nobukihizume.com ノブちゃんのサイト見に行ってください。 収録後、事務所で私の手作りパスタ。ペペロンチーノ。添えてあるトマトがおいしかった。...

  • Marie NDiaye

    03 novembre 2009 ( #NEWS )

    11月2日今年もまたゴンクール賞の受賞者が発表されました。 フランス で最も権威のある 文学賞 のひとつ。ゴンクール賞(Prix Goncourt)は、 1903年 発足しました。その年で エスプリ に満ちた独創的な 散文 による作品(主として 小説 )を書いた著者に贈られます。フランスの 作家 ・ エドモン・ド・ゴンクール の遺言により、弟の ジュール・ド・ゴンクール と共に築いた財産を元に設立された アカデミー・ゴンクール によって選定・贈呈されています。1903年より毎年アカデミー・ゴンクールの10人の会員によってパリ2区にあるミシュラン一つ星...

  • 昨夜もトシさんとノブちゃんで

    04 novembre 2009 ( #FRIENDS )

    またマックの所でベトナム料理を食べた。 帰りに荷物を事務所に取りにきただけのはずが。 1時間近くまたまたトシさんから、色んな話を聴くことができた。 右トシさんとノブちゃん左。 会話の中に出てきた固有名詞を並べることにしよう。 いつも、かなり来ている夜です。 泉秀樹=sound cafe dzumi 営業時間が3月20日より変更しまして現在の営業時間は15:00~22:00です。 定休日:月曜 〒180-0005 武蔵野市御殿山1-2-3 キヨノビル7F(1Fがスリアというヨガグッズ屋さんです) サウンド・イメージ研究所...

  • 『11 & 12 』公開ゲネ と 山ちゃん早一年

    21 novembre 2009 ( #NEWS )

    11月20日 とうとうブッフ・デュ・ノール劇場に行ってきました。 トシさんの招待でピーターブルックの最新作『11 & 12』 を観させてもらいました。 この作品は西アフリカ・マリの作家アマドゥ・ハンパテ・バーの著作『バンディアガラの賢者ティエルノ・ボガールの生涯と教え』を脚色したものです。 2004年に「ティエルノ・ボガール」としてフランス語で上演したが、今回は全てを一新した英語バージョンです。 演劇をやってそうな若い人たちがいっぱいで、席はあっという間に埋まった。 私の回りにいた人たちはイングリッシュ英語が多かった。...

  • 上野智男どん残念 あなた抜きで初日行ってきました。

    25 novembre 2009 ( #NEWS )

    11月24日 ピーター・ブルックの『11&12』の初日に行ってきました。 前回の芝居とちょっと違うなと思ったのは夢の部分が代わったところでした。 前回は一階席で観たのですが、今回は二階席で、のぶちゃんと観ました。 二階席から舞台を見渡すノブちゃん。 この手の芝居はやっぱり一階から観た方がいいと私は思った。 舞台美術がシンプルなので、役者の背後にある何も無い空間が創造力を刺激する。 しかし、二階席から観ると観なくていいものさえもきちんと見えてしまう。 舞台上の床に敷かれた布が四角であることや役者の出入りが全てきちんと見える分。なんとも作業的に見えてしまった。...

  • 12月15日 15 Déc 2009

    10 décembre 2009 ( #NEWS )

    桃山晴衣 一周忌メモリアルコンサート 最愛のパートナー桃山晴衣が2008年12月5日に逝去して、一年を迎えました。 只今パリのBouffes du nord 劇場でP・ブルックの『11&12』に出演中でもあり、一周忌のメモリアル・コンサートを同劇場で持つことになりました。 ピーター・ブルック初め、劇団員、そして生前桃山と親交のあった方々が集ってくれます。お忙しいとは思いますが、ひと時を桃山に捧げる音楽と共に過ごしていただければ幸いです。 (土取利行) 桃山晴衣 1961年に桃山流を創立、家元となる。1964年人間国宝の宮薗千寿に入門。1981年から1年半、「遊びをせんとや生まれけん-...

  • 緊急報告 ご縁玉がキネ旬ベスト8に!!

    14 janvier 2010 ( #FILM )

    2009年度キネ旬ベスト10に堂々8位に入りました。 信じられない 快挙 ! 路肩の雪がまだ残っているパリより、映画『ご縁玉』の監督をさせて頂きました江口方康です。 まずは緊急報告です。 '09 キネ旬文化映画ベスト・テンの 8位に『ご縁玉』が入りました。 キネ旬のサイトです。 http://www.kinejun.com/tokubetsu/bestten.html 年始の挨拶 年末年始に掛けて茨城、佐賀、大分そして京都での「ご縁玉・プロジェクト」パイロット版に関係者はじめたくさんの方々にご来場頂きまして誠にありがとうございました。御陰様で大盛況で終わらせて頂きました。世界中が不況の中、今回の「ご縁玉・プロジェクト」のパイロット版を実現させるのは断念寸前でしたが、願った事は必ず叶っていくと言う事を改めて実感させられました。本当に帰国してよかったと思っています。それぞれの会が終わった後に五円玉を手渡しするときの皆さまの笑顔に出会え、エリック・マリアも私もたくさんの勇気と喜びを頂きました。...

  • ご縁玉 プロジェクト準備第二弾

    16 janvier 2010 ( #インターベイの仕事INTER BAY )

    間が空きましたが、『ご縁玉プロジェクト』準備帰国第二弾の報告です。 佐賀県の続きです。 12月29日佐賀 ライフサポート あさひにて 演奏の後にご縁玉を配るエリックマリア 佐賀ではたくさんお世話になった森山さん。すばらしいオーガニゼーションでした。感謝感謝の気持ちでいっぱいです。 エリックマリアといつも森山さんの話をしていますよ。くしゃみが出ても風邪ではありませんからご安心を。 佐賀から大分へ移動 大分駅にカズが迎えにきてくれてシネマ5に直行。 劇場は入りきれないほどになっていて、立ち見の人たちでいっぱいでした。...

  • 関原紫光さんパリに来る

    20 janvier 2010 ( #FRIENDS )

    古典創作 京人形 師 関原紫水 さんの娘さんでいらっしゃる関原 紫光 さんが紫水さんの作品と自分の作品を合わせた9点を持ってこられてました。 展示は今日と明日のみ。 凱旋門の脇にある 三越エトワール の展示会場の3階で見ることが出来ます。 京人形の背景は凱旋門です。 一体一体が本当に生きているようなしなり具合で最高にすばらしい作品ばかりでした。 家内と一緒に観にいってきました左は関原紫光さんです。 本当はもっと写真を入れたい人がいたのですが、撮らなかったからありません。 昨夜は丹後テキスタイル展・開会式のセレモニーに紫光さんに誘われていってきました。...

  • 祈りのコンサート

    16 décembre 2009

    昨夜は桃山晴衣さん追悼コンサートが行われました。 素晴しいコンサートに遠方から来ていただいたトシさんを取り巻く友人知人の特別招待客の拍手が劇場に響きました。 生の演奏を感じようとする気持ちとそれを映像に収めなければいけないという気持ちの中 私はカメラをまわしていた分、気持ちの入りが 不安定でした。残念。 ピーター・ブルックはコンサートの後快くインタビューに答えてくれました。 P・ブルック:今まで、この劇場では、様々なすばらしいコンサートを数多くやってきました。 しかし、今夜の演奏は・・・限りなくピュアーで奥が深く、今まで行われたコンサートとは違い、...

  • 無事パリ帰国

    07 janvier 2010

    雪景色の残るパリの風景をタクシーの窓から眺めつつ 昨夜事務所に帰ってきました。 今回の帰国で再び会えた人々、そして新しく出会えた人々。 みんな 素敵 な人たちばかりです。 年末年始の忙しいところ、皆様本当にありがとうございました。 感謝 の気持ちでいっぱいです。 皆さんのご協力のもと、2009年から2010年にかけて行った。 この『ご縁玉・プロジェクト』の準備は大成功で終わらせていただきました。 今年の夏はいよいよ、『ご縁玉・プロジェクト』の 第一回目 が始まります。 上映会+トーク+演奏会 詳しいことは後日と言うことで、今回の様子を早足で辿ってみます。...

  • マジシャンコーチャン 

    15 avril 2010

    のぶちゃんの友人こーちゃんが日本からやってきた。 若いと思っていたけど意外と白髪が多いこーちゃんでした。 小腹も出ている。とにかくビールが好きと言うコーチャン。 日本人かと思ったら、外人のような顔をしていた。 真ん中にいるのがそのコーチャンではなく。 ビール専門店のおやじ。 左にいるのがこーちゃん。 色んなビールを買ってしまいました。 一瞬店のおやじに早変わり。 ただのマジシャンではない。マジシャン。 今度の金曜日はコーチャンウェルカムパーティーがうちの事務所で行われます。 近くにいらっしゃる方は是非是非ボトル1本下げてお越し下さい。...

  • レオナ-ル FOUJITA

    15 avril 2010

    シャンパンの街ランスに行く。 日本からの客人こーちゃんとのぶちゃんと三人。時々雨が降る。 日本人画家藤田嗣治の展覧会を見に行く為だ。 藤田 嗣治 (ふじた つぐはる、 Leonard Foujita または Fujita , 1886年 11月27日 – 1968年 1月29日 )は 東京都 出身の 画家 ・ 彫刻家 。現在においても、 フランス において最も有名な日本人画家である。 猫 と 女 を得意な画題とし、 日本画 の技法を 油彩画 に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びた。...

  • 山海塾 SANKAI JUKU

    26 avril 2010

    USHIO AMAGATSU KARA・MI から・身 山海塾の名前や活動はずいぶん前から知っていた。 しかし、ビデオ(TV)や雑誌では見た事はあるが本物を見たことがなかった。 それはある種の憧れであり恐怖でもあった。 見てはいけないもの。 見たら夢が消え失せてしまうのではないかと言う喪失感。 1964年辰年生まれの私が持つ60年代70年代への郷愁。 大人がうらやましくてしょうがなかった少年時代。 寺山修司の天井桟敷はとうとう見る事が出来ず大人になってしまった私。 「血は立ったまま眠っている」「家出のすすめ」「ノック」...

  • アソシエーションGOEN

    27 mai 2010

    さあ、そろそろ『アソシエーションGOEN』が立ち上がりますよー。 明日は第一回『ご縁会』が行われます。 5月28日金曜日20時30分より 場所:20, rue Louis Morard 75014 Paris 応援に来てください!! 一番乗りに出来上がってきたバッジをお見せします。 左は言うまでもない五円玉。 何故バッジの色が赤になっているのかと言いますと、 『ご縁玉・プロジェクト』が最低でも7年間は続きますように。 と言うことで、虹色7色で色んな人たちが繋がって行けることを願い。 虹の始めの色として赤が選ばれました。...

  • 「ご縁玉・プロジェクト」パリ

    06 juin 2010

    本格的にデビューしました。 これからの展開が非常に興味深くなってきました。 こんな 300人 も入る会場が埋まるのかどうか 心配 ・・・ リハーサル中のエリックマリア。 「はたしてお客さんは来るのだろうか?」 続々入場するお客さんにアソシエーションGOENの人々も会場関係者も 戸惑い つつ・・・ あれよあれよと言う間に 会場は満席 になり。二階の非常客席も埋まり。入れないお客さんたちが続出し、そんな彼らに 頭を下げて 引き取ってもらい。 始まった映画。トーク。演奏。『ご縁玉・プロジェクト』でした。...

  • かぐや姫

    14 juin 2010

    久しぶりにオペラバスティーユに行ってきた。 ゆかさんからの招待でKAGUYAHIMEのゲネを観ることができました。 始まる前の舞台。こんなに高い所から観ました。 振り付けは最高でした。すごくよかったです。 正面から見てみた行きもしますが。おもしろかったです。 Photo: Joris Jan Bos イルジー・キリアーン ( 英語 : Jiri Kylian , チェコ語 :Jiří Kylián, 1947年 - )はチェコ出身の バレエ 振付家 。 1947年 プラハ に生まれる。1967年英国...

  • 6月19日(土)二度目の満員御礼

    20 juin 2010

    ありがとうございます。 二度目の大入り感謝いたします。 昨日は小さいホールの129人は再び 満席 になり、再び約50名のお客さんに頭を下げてお引き取りいただきました。 本当に申し訳ないことをいたしました。 今回は上映会場は写真ありませんが、終わってからの様子です。 みんな頑張ってくれました。 本当にありがとうございます。 昨日のトークでは6月5日に新会員になってもらったカトリーヌ・ヴィオレさんにステージに上がって頂き何故『アソシエーションGOEN』の会員になりたかったのか?を話して頂きました。 カトリーヌはエリックマリアの隣にいるニーナの斜め右後ろにいるシルバーヘアーのフランス人です。...

  • eze 琴犬(ことけん)訪ねて3千里

    30 juin 2010

    南フランス・エズに行ってきました。 眺めのいい部屋 ホワイトアンドブルー シェーブル・ドールの入り口 散歩 ヴァンスのロザリオ礼拝堂 アンリ・マチスはこんな手を洗う所にも気を使いすごくいい感じに残している。 が、右奥の扉に何もしなかった事を後悔していたマチス。 いつか、この教会の片隅にひっそりと眠りにつく事になるピンコロの事を想う二人。 江口の琴犬(ことけん)探しが始まった。 やっと見つけた琴犬。こんなところに。 ヴィルフランシュ・シュール・メールの港町にあるブイヤベースのおいしいレストラン。 あえて名前は言いません。...

  • 総計約700名(3日間)

    30 juin 2010

    上映会 にお来しくださった方々への 御礼 みなさま 江口方康、エリックマリア・クーチュリエおよび GOEN アソシエーションは、パリ日本 文化会館において、6月5日、19日、そして会館のご好意によって急遽追加された 26日に、記録映画 “ ご縁玉 ” の上映会に御来場くださいましたことに対し、心から 感謝 申しあげます。 このイベントには実にたくさんの方々がお来しくださいました。3日間(告知が行き 届いていたはじめの2日は満席)で、映画を観てくださった方々の総数はほぼ 700 人 にのぼります。今後の...

  • vol 1 第二回『ご縁玉・プロジェクト』雲の上

    12 septembre 2010

    前後しますが、少しずつ今回の旅の思い出を語って行きます。 1万キロ。12時間の飛行の中。 ANAの747 400は成田に向かう。 またしても未確認飛行物体か? 第二回『ご縁玉・プロジェクト』の開始を祝うようにエリックマリアと私は搭乗前にブーブクリコのとサンテミリオン を買った。 こんな贅沢は我々にとって一年に一度の最高のご褒美みたいなもの。 チーズはカマンベールとシェーブル(羊)を一つずつ買っておく。シャンパンは冷えていなかったので、免税店の人に頼んでマカロン用においてあった冷却室を使わせてもらった。サンテミリオンのコルクはカフェの人にあらかじめ開けてもらっておく。前回コルクを開けてもらうのを忘れていたので、チールブッション(コルク開け)を探すのに大変苦労した。シートベルト解除の合図と共にシャンパンを取り出した。今回も、総てはそろったかのようだったが、やはりグラスは無い。再びスチワーデスにゴブレ(紙コップ)を二つばかり申し訳なさそうに頼む。何に使うのか?お祝いと称してブーブクリコで喉の渇きを癒すためだという我々への協力はおしまない彼女たちであった。ボナペティ「楽しい食事を召し上がれ」と言い残して去って行くスチワーデス。シェーブルのチーズとブーブクリコが最高に合う。...

  • vol 2 千葉 南房総 約100名

    12 septembre 2010

    一番目 千葉南房総 千葉のみなさまお元気ですか? のっけからすっごくおいしい炭焼きによる海の幸を堪能させて頂きとてもおいしかったです。『花の谷クリニック』の成り立ちや古民家の話し、伊藤さんの興味深いインドでの話しなど。楽しませて頂きました。 エリックマリアと成田空港まで迎えにきてくれた土本亜理子さん。 ありがとうございました。 上映日はぎらぎらと降り注ぐ太陽を浴びながら、パーキングから会場に行ったのが印象的でした。 ここが会場になった、とみうら元気倶楽部のさざなみホールです。 今回千葉で色々とお世話になった伊藤真美さん(花の谷クリニックの院長先生)...

1 2 3 4 5 > >>